SDGs達成に貢献する
学問のあり方を追求する

フューチャー・アース研究センターとは

フューチャー・アースは持続可能な地球社会の実現をめざす国際協働研究プラットフォームです。2012年「国連持続可能な開発会議」(Rio+20)で提唱され、2015年から10年の計画で活動を開始しました。フューチャー・アースは、SDGs(持続可能な開発目標)の実現に貢献する学問研究として、市民、行政、企業など社会のステークフォルダーとともに研究を進めるトランスディシプリナリ(超学際的)な学問の発展をめざします。2018年4月発足したフューチャー・アース研究センターは、名古屋大学におけるその推進力として活動します。

最新トピックス

フューチャー・アース研究センター キックオフ・ワークショップを開催しました

2018.05.10

2018年3月12日 名古屋大学ES総合館にて、名古屋大学フューチャー・アース研究センターの立ち上げにあたって、キックオフ・ワークショップを開催しました。学内...